2010年09月01日

22e38dc3.jpg

277ffc69.jpg

17405a12.jpg

2ea3748c.jpg


2010/08/31

8月最後のFRIDAY!!2Daysの1日目!
今日もびっくりするほど真っ赤っかな照明です(笑)。

個人的にはLean On Meが聴けた事が嬉し^^
Get DownとUse Meの繋ぎの成田さんのドラムにノックアウト。
あのほがらか温和なお方からドキッとするほど
ビシッと切り替わる音が送り出される感じがめちゃくちゃかっこいいんです。^^
他にもNever Gonna Give You UpやSexual Healingや
I Second That Emotionなどなど、ちょっぴり久しぶりで
聴くとグッとくる曲の数々。^^
アンコールの春名さんのAmazing Graceに心が洗われるような気持ちに。

明日は 3rd Set からです(笑)。

<1st Set>
Hikky Burr
This Old Heart Of Mine
Ain't No Mountain High Enough
Let's Stay Together
Lean On Me
Get Down
Use Me
Heat Wave
Day Tripper
Tennessee Waltz

<2nd Set>
Git It All
Super Bad
Shake !
Stand By Your Man
Harry Hippie
Natural High
99 1/2
Daddy Could Swear, I Declare
That Mellow Saxophone
Cold Sweat

<3rd Set>
Express Yourself
Could You Be Loved ?
Never Gonna Give You Up
Sexual Healing
I Second That Emotion
Love The One You're With
So Much Trouble
Honky Tonk

<Encore>
Amazing Grace
It's Alright


(17:37)

2010年07月10日

ce05d896.jpg

MARTIN CLUB JAPAN presents
MARTIN GUITAR SHOW & CONCERT
Rebirth Tour 2010 ~きらめきの街へ~ at 福島 Out Line
 ( The 53rd Live )

日中は快晴 & 灼熱の福島。
夕方になる頃には涼しい風が心地よく吹き気持ちのいい時間。

会場となるOut Lineは70~80人ぐらいでいっぱいになりそうな
こじんまりとしたライブハウス。今回はいわきから来た友達と
ももたろうさん側の席が空いていたので座ってみました。^^

いつもの通り福岡さんのMCからスタート。
途中で斎藤誠さんを呼び入れます。
誠さんは福岡さんに「お前太っただろ!」とか、
早速手厳しいツッコミを入れています。
だいたいMCのダメだしとか、
いつもお小言を言っている気がします(笑)。

前日の福島でのラジオ出演で、
ファンの方から50回目のリバースツアーライブおめでとうございます!
というメッセージがあり、誠さんはそれに対しありがとうございますーって
答えていらしたそうなのだけど
その後、気になった福岡さんが根性で数えたら
53回目だったそうです(笑)。
いっそ今度からチケットのライブタイトル横に
通し番号を入れたらいいかもしれません(笑)。

そう、このステキなシリーズが、
なんともう53回も行われているんですね!
沢山のHappyな時間が積み重なっているリバースツアーです。

そんなツアーの記念すべき初回は2004年6月12日、秋田でのライブ。
そしてその時のゲストが
今回のツアーのゲストでもある丸山ももたろうさん!

今回のチケットに載っている写真は
その第一回目の時のものだそうです。

このツアーのOpening Tuneでもある「きらめきの街へ」を
誠さんが歌ったあと(何度聴いてもワクワクします。^^)
ゲストの丸山ももたろうさんを迎え入れます。

ももたろうさんのギターは、1974年製のMartin D-28。

「買った時はトリプルオーやと思ってたのに、
        何時の間にかDになっとった(笑)。」

とおっしゃってました(笑)。なんででしょうねー(笑)。
年月を経て色んなものが染み込んでるらしい(笑)、
つやつやの味わいのあるギターです。
このギターとのステキな出会いのエピソードは、
丸山ももたろうさんのHPの「Guitar's Room」に載ってます。

You've Got A Friend(斎藤誠・丸山ももたろう)

誠さんが最近感動したJames Taylor と Carol Kingのライブから
二人での1曲目。2つのやさしいギターの音が重なります。
誠さんがメインでボーカルをとり、ももたろうさんも
サビのコーラス部分を参加。

初回のチケットのような握手を二人でして、
丸山ももたろうさんのステージへ。
(誠さんが右手に持ったピックを口に咥えて、手を差し出して握手!)



【丸山ももたろうさんステージ】
福島でのライブは初めてというももたろうさん。
普段はアーティストのサポートミュージシャンとして活動しつつ
自分の活動も・・となると年に自分のライブができる本数も
限られる・・という話をしていたら、おそらくファンであろう方から
「今日は岸田(敏志)さんはいらしてないんですかー?」との質問。
(ももたろうさんは岸田敏志さんのサポートもされています。)

「うん、今日は来てないんです・・・って、
 ギター弾きたいからちょっと歌いに来て♪っていう
 ミュージシャンがどこにおるねん!どんだけ自己中やねん!」

と、素晴らしいノリツッコミ(笑)。
ファンの方も質問というよりネタ振りだったのかってぐらいのテンポ(笑)。
こんな感じで、ポンポンと小気味良くボケたり
つっこむ客席の反応を拾ったりで
ステージと観客の距離がぐっと縮むような感覚。
「初めて来たのに、やりやすいわ~(笑)」とおっしゃってました(笑)。
私もついついつっこみをつぶやいて拾っていただいたり(笑)。

・帰り道
・卒業
・はじめてのおつかい
・月にとどくまで
・ほんまやで
・夢の中でも

ももたろうさんの音楽はインスト。
ギャロッピングとおっしゃっていたでしょうか
ベース音を入れながらメロディーとコードを弾く
チェット・アトキンスの奏法で演奏されます。
 
アップテンポな曲としっとりした曲を交互に演奏する感じで
曲ごとにチューニングを変えつつ、チューニングも曲数に入れつつ(笑)
進行していきます。(レギュラーチューニングは誠さんとの曲だけでした)

20歳になる息子さんがまだ小さい頃、
初めてコンビニに一人でおつかいに行かせた時のことを曲にした
「はじめてのおつかい」や、
(某TV番組採用を目論んだそうですが叶わず(笑))
お母様のことを想って作った「月にとどくまで」などなど
どの曲の世界も綺麗で優しくて、
聴いていると心がじんと温かくなる時間でした。


そしてOut Lineの音がめちゃくちゃ素晴らしかった!
PAはおなじみの、凄腕ハルちゃん。
爪弾く一音一音がとてもクリアに届いて聴き入ってしまいました。

客入れのBGMにも使っていたももたろうさんのCD、
今日は15枚ほどしか持って来てないんですけど、と・・・
ももたろうさんなんと消極的な(笑)。
ちょっとざわつく客席でした(笑)。


【斎藤誠さんステージ】
・天気雨(with LX Jimmy Buffett)
・バースデー
・Presence Of The Lord (Blind Faith)
・DANCE
・Lovely Day (Bill Withers)
・Don't Give It Up
~Change The World~
~Roll Over Bethoven~
~I Shot Sheriff~

選手交代、誠さんのステージです。
1曲目はギターショウにも展示してあったLittle Martinの
2010年限定モデルJimmy Buffettで「天気雨」。
Martinの誠さんライブの楽しみの一つが
いつも弾いているギターとは違うギターで演奏されること。
あと、そのギターの良さとか可愛さとかをギターが弾けない私でも
「楽しそうだな~弾いてみたいな~」と感じてしまう
話をされること。

実はギターショウでこのLXシリーズを
誠さんがジャカジャカやってらっしゃるところに行ってしまい、
明子のように入り口でこっそり後ろ姿を観察してしまいました。^^;
(結局、畏れ多くてそのまま退散(笑))


小ぶりなギターで弾く天気雨は一段と明るく可愛い感じに。^^
煮え切らない男の歌詞もいささかキュートに聞こえてくるから不思議。

お次はバースデー!7月生まれの方、たくさんいらっしゃいましたね!
確かももたろうさんも。おめでとうございます。^^

そして同じAmaj7で・・・と続いたのはPresence Of The Lord!
どこまでも伸びる誠さんの歌声と男くさい感じのギターが好きです。
その次は、色っぽいギターソロから始まったDANCE!
途中のスキャットがどこまでも自由でかっこよかったなぁ^^

そして、「Bill Withersの・・・」と始めたのはLovely Day !!
南條SOUL BANDの時とは違う、アコギ1本での誠さん。
この曲の歌詞の明るい感じとちょっと憂いを帯びた誠さんの歌声と
なんとも言えない感じで好きなんです。
後半は、観客も♪Lovely day, lovely day....と一緒に歌って
誠さんがそこにボーカルを重ねて、それがまた楽しく。^^

誠さんステージラストはDon't Give It Up ! これでもかってぐらい
てんこ盛りに脱線してカバー曲を盛り込んでいきます。
曲それぞれ違ったトーンのギターの音色が楽しめて大盛り上がり!
散々弾いた後、誠さんてば「・・・飽きた(笑)?」って(笑)
そしてとどめのエアドラムソロは、今回もツーバスでした(笑)


【アンコール(斎藤誠・丸山ももたろう)】
・Proud Mary (CCR)
・Desperado (Eagles)

アンコールです。うっすらAmを鳴らしながら
「天国の階段です!」と言ってティロリロ始めようとした時は
一瞬「おお、やるんだ!」とか信じてしまった私(笑)。
なんかくやしい(笑)。

CCRのProud Maryはボーカルを誠さんがとってらっしゃいましたが
おっかけて♪Rollin' Rollin' と歌うところはももたろうさんも参加
最終的には、誠さんパートとももたろうさんパートを観客に
自由に選ばせて歌わせたのですが、
ももたろうさんパートの方が多い!と何故か嫉妬する誠さん(笑)


大爆笑続きなライブのラストは、Eaglesの名曲。
ももたろうさんがアルバムでも弾かれているのですが
誠さんが、それがあまりにも素敵なので
先にももたろうさんのインストをフルで、
次に誠さんの歌バージョンをフルでと提案。とっても豪華なことに。

ももたろうさんの優しく温かみのある音色にうっとりした後
誠さんの歌声とももたろうさんの伴奏。
一音も逃すまいとしんと聴き入る会場でした。

ほんとにほんとに素晴らしかった。^^


ライブ後にもたもたとアンケートを書いていたら
なんと、ももたろうさんのCDは案の定売り切れ。^^;
コースターにももたろうさんからサインをいただく。
楽しかったですー!と言ったら
「あ、向かいに座ってた人?ボケを拾ってくれてありがとうね。^^」
と言われてしまいました(笑)。
誠さんにもサインをいただき、
誠さんには感想を何も言えずも手だけはしっかりニギニギして退散(笑)。



(20:24)

2010年07月05日

717c35ec.jpg8db00959.jpg



d12f4741.jpg385153a5.jpg



月曜日でもFRIDAY!ってことで
南條SOULBANDのライブに行ってきました。

カチッとついた真っ赤な照明に

「もうこれ以上赤くせんでもええんちゃう?^^;」

と、マスターに言う春名さん(笑)。
そんなワケで画像も真っ赤っかでお送り致します(笑)。
 
今回のライブで特筆すべきは、2曲、新曲が登場!
 1曲は Luther Ingramの
 ( If Loving You Is Wrong ) I Don't Want To Be Right
タイトルからも解るように、
ソウルミュージックにわりと多い、道ならぬ恋の歌。
南條さんが渋く色っぽく歌い上げます。

もう1曲は、 Timmy Thomasの Why Can We Live Together
なんか聴いたことあるな~って思っていたのですが深町さんによると、
Steve Winwoodがカバーをしていて、
南條ではそのバージョンでやっているのだとか。
こちらはふかまっちのボーカルです。
どちらもとってもカッコイイです。^^

ちょっといつもよりお客さんの少なかった月曜FRIDAYでしたが
ケロさんに引っ張り出され、回し回され(笑)踊りまくった夜でした。^^

 <1st Set>
Psychedellic Sally
You've Got Me Hummin'
99 1/2
Say A Little Prayer
Once Upon A Time
( If Loving You Is Wrong ) I Don't Want To Be Right(新曲)
L-O-V-E
Since You've Been Gone
Day Tripper
Try A Little Tenderness

<2nd Set>
Git It All
Heat Wave
Fun
Show Me How To Do Like You
Ain't No Sunshine
Knock On Wood
Papa's Gotta Brandnew Bag
Mustang Sally
That Mellow Saxophone
Cold Sweat

<3rd Set>
Why Can We Live Together(新曲)
Shake !
Could You Be Loved
More Today Than Yesterday
Congo Square
Daddy Could Swear, I Declare
I Can't Turn You Loose
Honky Tonk

<encore>
Sweet Soul Music
Tennesee Waltz




(21:02)
73164bdd.jpg

e846f57d.jpg

84f806ab.jpg

cef80cb0.jpg

Psychedelic Sally !!
春名さん曰わく、
「ベロ酔いのサリヘイ」
(笑)。


(20:21)

2010年06月23日


キラキラと輝く色んな宝物の詰まった箱を
そっと覗き見ているような
そんな気持ちになった昨夜のライブ。

1組目のいとこユニットの女の子の
Time After Timeを歌う歌声からホロリときてしまいました。

どのグループもスタイルにオリジナリティがあり
カバー曲しかり、オリジナル曲しかり
歌声も、音も、みんなほんとに素敵でした。

あまりにもステージ上での自然さっぷりにびっくりしていたら
ドブロ1本でスライド奏法と渋いブルースを歌い上げていた女の子は
お母さんがロリー・ギャラガーが好きでコンサートに行っていたとか、
(しかもそのコンサートに誠さんも行っていた!という事が判明したらしい。)
たーぼー君の従兄弟コンビはお父さん達がギター好きでユニット組んでたとか、
小さい頃から音楽がそばにあって、楽器に触れる機会が自然にあって
そんな感じの子が多いみたい。

実際、親が音楽好きでなくても、
今は音楽に触れられる機会や手段、そして豊富な資料が
自分のそれと比べても格段に増えているから
きっとこれからどんどんこんな子たちの層が厚くなっていくんだろうなー。

誠さんがステージで
「俺が20歳のころって、どうしてたろー」
って思うのと同じく、私もちょっと思い返してみたけど
笑っちゃうぐらいに今の彼らと私のそれとは全然違うことは確か(笑)。
でもまあ、そんな私も私なりに音楽に触れて
音楽がもたらすこんなに素敵な世界を存分に楽しんでいる。
色とりどりのステージに耳を傾けながら
そんなことをとりとめもなく考えていました。

たーぼーくんの演奏は本当に綺麗な綺麗な音でした。
誠さんが「やっぱりそのギター返してもらおうかな。」というのも頷ける(笑)。
ちょっとアグレッシブなキャラクターの彼の従兄弟と対象的な感じで
淡々と、クリアな音を紡いだり、渋いアドリブ入れたり、
そのバランスが絶妙で聴き入ってしまいました。

途中、シールドの接触の関係か音が小さくなってしまい
最初は「あれ?」って様子を見せていたけれど、
慌てず動じず差込部分を確認しようと手を伸ばすたーぼーくんに
私の背後のPAの人が「そうそう!そこだ!」と
ちっさな声援を送っているのが聴こえて、微笑ましかった(笑)。

終演後、たーぼーくんに
「緊張してるそぶりもなく堂々としてたねー。」と話したら
即座に「あ、緊張は全然しないです。^^」と返ってきて
自分と同じ感覚レベルで話してすんまそんと思った次第(笑)。


そして誠さんのステージ。

1曲目、「今僕を泣かせて」で誠さん一人から静かに始まり
ふーみんが、コーラス→ギターと歌声と音を徐々に重ねていく。
そんな静かでキュっとするスタート。
「天気雨」「Love」と続き、
カバーも3曲ほどやってSuperstitionがかっこよかった!
Don't Give It Up ではどんどんすごいことに(笑)。
ドS斎藤が現れて、ふーみんに「かみ合ってない!」だの絡みつつ
ソロ回し。かっこよかった~。^^

最後のセッションでは「まずはGから!」とみんなでジャカジャカ鳴らして
Have You Ever Loved A Woman?とI Shall Be Releasedを。
そして途中でソロを回していきます。
それぞれの熱演をニコニコと楽しそうに見守る誠さん。
でもふーみんにふった途端、容赦ないシゴキの鬼と化していた誠さん(笑)。

こういう時の悪~い感じの誠さん、すごい好きです(笑)。

気づけば22時を回ろうかという時間。
なーんてHappyな時間だったんだろう!
色々な刺激をたくさん受けて道玄坂をあとにしました。


(17:44)

2010年06月16日

420f4c3b.jpg

98221f25.jpg

a8a00aeb.jpg

8fc50f52.jpg

昨日は会社を20時半過ぎに出て、
着いたのが22時前。^^;
2ステージ目が始まったあたりでしょうか。

そしたらですね、
少し前からピンクだった照明が
今度は赤になってました(笑)。

マスターどこまでやるんだろ(笑)。

仕事でゴチャゴチャになっていた頭はどっか置いて
あったかい音に身を委ねた夜でした。

(途中参加につき、曲のメモは取らず。)


(21:03)

2010年06月03日

4b766d75.jpg
南條SOUL BAND ありがとねスペシャル at JIROKICHI

Date:2010/05/09

<1st Set>
Song for My Father
Yes, We Can
Fun !
Show Me How To Do Like You
United We Stand (ベラさんVo.)
Lean On Me (ベラさんVo.)
Love The One You're With(ベラさんVo.)
Could You Be Loved ?
Shake !
So Much Trouble In My Mind
Cold Sweat

<2nd Set>
Express Yourself
You Can Make It If You Try
If I Were Your Woman
Daddy Could Swear, I Declare
Lovely Day (誠さんVo.)
Take Me To The River (誠さんVo.)
Drowning In The Sea Of Love
That Mellow Saxophone
Satisfaction
Honky Tonk

<encore>
Sweet Soul Music
Tennessee Waltz


(02:00)

2010年03月08日

a4ecd9b6.JPG

db249bdb.JPG

a3a3e0e2.JPG

9e845996.JPG

851f9150.JPG

【2020.03.05 at FRIDAY レポート】

金曜日のFRIDAYは大賑わい。

いつもインストの多いファーストセットの1曲目は
珍しく歌モノで。
Otisの歌を歌う南條さん、大好きです。^^

そして久しぶりにふかまっちボーカルの
The Tracks Of My Tearsが聴けました。
この曲、とっても大好きでして
先日のレポートを書きながら
「そう言えばしばらく聴いてないな~聴きたいな~」なんて思っていたのです。
その事を後でふかまっちに話したら、隣で聞いていた南條さんが
「うんうん、曲はじまった途端に反応してたよね~^^」と。見られてた(笑)。^^

2ndはけロさんのしっとりしたバラードを挟んで
前半後半ともダンスナンバー!みんな踊りまくりです。^^

そして3rdもアップテンポな曲のオンパレードで
出ましたFunkyNassau!成田さんのスネアを合図に
ホーンズの分厚い音が入ります。
なんとも言えないあのスイッチが入る感じ。
そのまま怒涛のナンバーが続いて
聴かせどころたっぷりの南條さんのTry A Little Tendernessから
Honky Tonkで本編終了。

アンコールでは春名さんのソプラノサックスの優しい音色で始まる
Amazing Graceいつ聴いてもなんだかじんわりします。
南條さんがWe looooove Ya !!と叫んで始まったSweet Soul Musicでまたもダンスダンス。

盛り上がりに盛り上がって沸き起こったダブルアンコールでは
南條さんによるA Change Is Gonna Comeが聴けました。
じんわりと温かな余韻を味わいながらFRIDAYをあとにしました。


<1st Set>
Mr. Pitiful
99 1/2
Tell Him
I Can See Clearly Now
The Tracks Of My Tears
I Count The Tears
Fun
Show Me How To Do Like You
Love The One You're With
Tennesee Waltz

<2nd Set>
Super Bad
Everyday People
Shake !
Be Thankful For What You Got
Natural High
Could You Be Loved
Heat Wave
That Mellow Saxophone
Cold Sweat

<3rd Set>
Higher And Higher
Rock Steady
Funky Nassau
Express Yourself
Soul Power~Hot Pants
Try A Little Tenderness
Honky Tonk

<encore>
Amazing Grace
Sweet Soul Music

<encore2>
A Change Is Gonna Come


(18:16)

2010年03月05日

51c0929b.jpg

59a29acf.jpg

fa28d8f6.jpg

c5e05be7.jpg

3e67210d.jpg

Funky Nassauでぐるんぐるんに回転しまくった3セット目。
もりもり盛り上がって
ダブルアンコールにChange Is Gonna Comeが聴けました。

今日の曲順は後日。


(23:52)
4f87bdae.jpg

c3746913.jpg

a542de4a.jpg

59ed3c05.jpg

5cb8fa2c.jpg

ダンスナンバーの
Super Badからはじまり
Cold Sweatで終わった2ステージ目。
ふかまっちのThat Mellow Saxophoneはやっぱり盛り上がります!


(22:20)