2005年05月

2005年05月26日

8752c48e.jpg

I know we can make it !!


前回の佐藤&ちょこ御生誕祝賀ムードから一転、
やや淋しい本日のFRIDAYです。^^;

ちょこ嬢と2人だったので本日は真正面のかぶりつきテーブル席。
何も遮るものなく「南條SOULの音」を堪能することができました。
メンバーさんに「そこだと踊りに行きにくいよねー?」なんて言われもしたけれど、
踊りが主目的ではないので・・・(ウソです・・・そんな時も思いっきりあります(笑))
これはこれで、とっても贅沢で嬉しい♪^^

つんちゃんと成田さんの、誰も引き離せぬ2人の強力タッグぶりとか、
(曲が変わる時にすこん!とリズムが綺麗に変わるのには毎回ノックアウトです)
右からホーンズ、左からベースとKeyのごっつくうねる音、真中から
成田さんのストーン!とお腹にひびくドラムと、佐藤さんのクールなギター
その音に載せて届いてくるは、時に優しく温かく、時に情熱的に熱い南條さんの歌声と
迫力満点ダイナマイトヴォイスのケロさんの歌声。
そして四方八方から聴こえるケロさんのタンバリンの音(笑)。
(あちこち動きながら叩くからね(笑))
その一つ一つをぎゅうっと噛み締めるように堪能しました。^^

(でもやっぱり後でケロさんから「ココで踊んなきゃだめじゃないの!!」と、
 ステージ前方の床を指差して怒られました(笑))

そしていつもの奥まった席ではあまりよく見えないつんちゃんの指の動きも
たっぷり観察。ネックをすべるように動く指はいつ見てもホレボレです。その指から紡がれる音も。^^
今日のつんちゃんは休憩時間中もほとんどベースを離さずに練習の虫。
「いつもあんな感じで練習しているのかな。^^」と、ちょこ嬢とひっそり語り合ってました。^^

== 1st ==
Psychedelic Sally
Slip Away
Hard To Handle
Ain't Nothing Like The Real Thing
What Does It Take ( To Win Your Love )
Ooo Baby Baby
Runnin' Away
What Becomes Of Your Broken Hearted
Papa's Got A Brand New Bag
Satisfaction

1stセットの曲順です。なんと言っても、本日の目玉は新曲の
What Becomes Of The Broken Hearted / Jimmy Ruffin
でしょう!

このところ、Runnin' Awayの後にHard To Handleが続くパターンが多かったんだけど、
今日は先にやったので何が続くかと思いきや、ふかまっちのドラマチックなKeyから
この曲がはじまり・・・もうゾクゾクでした。^^

実はライブ前にふかまっちが何気なくテーブルに置いた紙にこの歌詞が書いてあって
「なんですかこれ、やるんですか!?!?」と聞いたら
「あれ、この曲知ってる?今日の新曲だよー。^^でもね、まだぐしゃぐしゃなんだよー。^^;;;」
なんておっしゃっていたんだけど

じっくりと歌い上げるような南條さんの声とか、
南條さんが♪Tell me !! ♪と歌った後に入るバンドの音の息の合い方とか、
ふかまっちとケロさんの綺麗なハーモニーのコーラスワークとか、
その一つ一つにじわじわと涙が出てきそうでした。

ゾクゾク、うるうる、しながら感激して一緒に歌っていたら
後で佐藤さんから「なんで新曲なのに曲知ってんの?ブレイクするとこまで分かってんの??^^;;」と。

原曲はまだ聴いたことないけれど、この曲は「永遠のモータウン」でJoan Osborneが歌っていた
あまりにも印象的な曲。彼女のハートフルな歌いっぷりにすっかり心酔していたのです。^^

== 2nd ==
Take A Closer Look At The Woman You're With
Super Bad
Groove Me
Spanish Harlem
K-Jee
Rainy Night In Georgia
Tell Him
Take Me In Your Arms
Funky Nassau
Cold Sweat

== 3rd ==
Sweet Emma
Yes, We Can
Stagger Lee
Since You've Been Gone (Sweet Sweet Baby)
Neither One Of Us
Whatcha See Is Whatcha Get
Soul Power
Hot Pants
Daddy Could Swear,I Declare
Honky Tonk

== encore ==
Mustang Sally
It's Alright

(2nd・3rdセットレポは追って・・・)

ライブ終了後、春名さんとちょこ嬢と3人でしばし語る。
ふかまっちが置いていったフリーの音楽小冊子に載っているライナーをパラパラと見て
「俺、全然聴かんねん。」と。
人にもらったりするぐらいで自らあれこれとCDを購入したりとかはほとんどしないとか。
「基本的に自分(の音楽)が好きねんな(笑)。」なんてことも
少しいたずらっぽくおっしゃってました。^^

「でもSOULはいいよね~。^^」ともおっしゃっていて、
特に印象的だったのはフレーズの「コピー」だけは決してしないということ。
その曲はちゃんと聴くけど、いったん自分の中に取り入れて、
自分の音としてその曲にのせて吹くのだそうです。
凛とした表情でそう語った後で、
「10代の時にさ、そう決めてしまったんよーハハハ。^^;;;」
なんで、やっちまった風におっしゃるんですか(笑)。

シロウトがヘタな事を言ってはいけないけれど、
楽曲へのアプローチの仕方というのは人それぞれで、
それぞれにその良さがあるのだと思います。

今宵はそんな春名さんの言葉に春名さんの音が人の心を熱く打つ理由の一つが
少しだけ分かった気がしました。

64ead038.jpg
8a590148.jpg


(20:00)

2005年05月21日

5d3b9b38.jpg

Don't need no ticket, you just thank the Lord / People Get Ready


74ed1433.jpg
b188d825.jpg


(20:00)

2005年05月07日

7aff4c92.jpg

鈴木正則、ただいま5.1chサラウンド中(笑)


(セット1)
1)虹の彼方に~
2)遠くへ行きたい
3)夕陽は赤く
4)星影の小径
5)愛のさざなみ
6)銀座カンカン~東京ブギウギ
7)誰よりも君を愛す
8)蘇州夜曲
9)ティル・ゼア・ウォズ・ユー
10)見つめ合う恋

(セット2)
1)東京キッド(クミ)
2)フラスキータのセレナーデ(サキクボ)
3)テネシー・ワルツ(平松)
4)Don't Know Why(平松)
5)シェルブールの雨傘(鈴木)
6)アカシアの雨がやむとき
7)恋の奴隷
8)逢いたくて逢いたくて
9)夕陽が泣いている~いつまでも~エメラルドの伝説~君に会いたい
10)いとしのマックス
11)グッゴーリ・ミス・モーリー

(アンコール)
12)プア・カーネーション(サリ・フラ)
13)若いふたり


(19:30)

2005年05月06日

おっそろしく寒いんですけど。しかも雨。

基本的に雨は嫌いじゃないけど、
寒い日の雨は歩いててちっとも楽しくないので苦手(泣)。

そんな本日は、
原宿エルビンスタジオにてウクレレ・フラバルーのリハ。

到着すると、稲垣さんが帰った後で
エルビンさんと、ふかまっちと、鈴木さんのお3人との練習となる。

久々にフラ踊らない?ってことで、1曲練習。
こうやってお気楽に踊っていると楽しいんだけど、
人前だとガッチガチになっちゃうんだよなぁ・・・。
人前で踊る時も、こうしてお気楽に楽しんで自然に踊りたいなあ。

今回の渋谷邑は、なんとDrの藤岡さんが参加できず、
代打は・・・しんちゃんさん!!
藤岡さん欠席はすごい残念だけど、しんちゃんさんのドラムは楽しみなのだ。^^

でも、当日は19時過ぎの到着だそうで、

「サリー、マイクとかのセッティング、いつもしんちゃんとやってるよね?ヨロシクネ!(^O^)」

ふかまっち・・・それは無謀ってもんス(滝汗)。

しんちゃんさん、早くきてね~~~!!(>_<)

(19:45)

2005年05月05日

1de8934b.jpg


マイクに注目!!熱唱ナリちゃんの巻?


(18:00)