2006年08月

2006年08月30日

7d79d7b7.jpg


斎藤誠JIROKICHIマンスリー Vol.2
~ 斎藤誠 with the bond ~


斎藤誠 Vo,G

<the bond>
角田俊介 B, 片山敦夫 Key, 柳沢二三男 G, 河村カースケ智康 Dr


1. Let It Rain
2. I LIKE YOU
3. I sing my SONG FOR YOU
4. PARIS STYLE
5. DOWN DOWN DOWN
6. Funky Miracle ( the bond )
7. Funky Limit ( the bond )
8. SO COLD, THAT WOMAN

1. Real Goodin' ( the bond )
2. 行き場がない
3. 黄色いダイアモンド
4. オレはディレクター
5. PLEASE!
6. アメリカよいよい

encore 1
en1-1. One In Seven ( the bond )
en1-2. Whipping Post

encore 2
en2-1. 今僕を泣かせて
em2-2. ノー・ノー・ボーイ

(19:30)

2006年08月28日

cc102188.jpg
a950f10f.jpg


cab4d785.jpg


実に1ヵ月半ぶりの南條SOUL BAND!
なんとも贅沢な話ですが
毎月2回ペースにすっかり慣れてしまって
めちゃ久しぶりな気が…
待ってたにょよほほぉ~ぅ(T▽T)(壊)

1曲目はいきなり新曲のJazz Jamica
(曲名かグループ名かは不明。)
独特のリズムに乗るホーンズの音に
時折入る佐藤さんのギターのフレーズがくすぐったい。
交互に入るラテンなトランペットとテナーのソロがまたシブくてかっちょええ♪
This Old Heart Of Mineや、ケロさんと南條さんのシブいデュエット曲、
Two Steps From The Bluesなどの大好きな曲も聴けてほくほく♪
1stラストのシメには成田さんの痛快なセカンドラインのTennesee Waltzで。

2ndセットでは8月が誕生月の麻子とぽちくんの誕生祝い!
ぽちくんに至ってはこの日が誕生日当日というラッキーガール♪

などと人をお祝いすることに気を取られていたら、
今週ということで9月生まれの私もお祝いしてもらっちゃいました。
たとえあと数日だろうがまだ歳はとりたくないですが(笑)、
びっくり&嬉しかったです!
(*^_^*)

このセットではこれまた新曲が。
ふかまっちボーカルで
Be Thankful For What You've Got
常に胸にかかげていたいようなタイトルのこの曲、
つんちゃんのベースが低くうねって深く響いて
佐藤さんのギターが綺麗で、
成田さんの刻むリズムがカッコよくて、
実にクールなグルーヴィーな音!
William DeVaughnという人の曲だそうです。
ふかまっち曰く、なんと一発屋らしい・・・
でも音の流れに身を任せてゆらゆらと体をうごかしていたい、
そんな曲でした。^^
アップテンポな曲が続きだした頃、
私の心の親友、ネクタイ師匠発見!「こっちゃ来い!」と呼ばれ
みんなを巻き込んでダンシングスペースへ。
踊り場でみんなで踊っていたら、私と麻子にネクタイが渡され・・・
(クールビズでネクタイしてないと安心していたら、師匠ってば
 師匠の友達からわざわざネクタイをぶんだくっていた(笑))
とりあえず、渡されたからには巻いて踊り(笑)。
そんな感じで終わった2ndセット(笑)。

3rdでは8月生まれの我等がしょうちゃん、
もしくは「ハシビロコウさん」こと春名正治さんのお誕生祝い!
メンバーが演奏するHappy Birthdayの曲に合わせて

♪ハッピバースデ~ 俺!
♪ハッピバースデ~ 俺~!

と、自ら歌ってらっしゃいました(笑)。

このセットになるともう、踊らにゃ損損!な感じで
うわーっと盛り上がっちゃうのだけれども、
盛り上がり曲よりも印象的だったのが
Why Can't We Be Lovers
久々に聴いたからとかじゃないあの感じ、なんなんだろう。
後半、南條さんの甘いセリフ部分の最後、
「This is it...!!」
って言ったのを合図に
バンド全体の音がウワァ~っと盛り上がっていくあの感じと
つやっつやなホーンズの音。圧倒されてしまった。
もともと大好きな曲だけど、今日はまた更にグッときてしまった。^^

そんなこんなで乾いた砂にじゅわじゅわと水がしみ込んでいくかのように
ソウルパワーをたっぷり浴びて、心ほかほかに満たされて帰宅。

もう9月のライブが待ち遠しかったりする(笑)。

(20:30)