2009年02月

2009年02月22日

<1st Set>
ギターマンの純情
僕の大事な部屋
Dance!
悲しい笑顔
Waltz In Blue
BE MY BE MY BE MY
CALL ME DADDY
バースデー
天気雨

<2nd Set>
Your Time
Change It
悲しみが遠くなってった
Delicate
宇宙から来た石
THE DOCTOR
Don't Give It Up
別に奇跡なんかじゃないから

<encore>
Melissa
ララル(一瞬だけ(笑))
横浜
<encore2>
リアル ミー


サムズアップです!
何気に誠さんのサムズライブを見るのは初めてなんです。
ここで聴くライブには楽しい想い出がいっぱい。
だから大好きなお店です。

きっちり18時に開始。
客席を通って誠さん登場です。
フォークロアっぽいステッチの入ったグレーのパーカーに
ベージュの帽子。パーカーの下はカーキのTシャツ。
お店をイメージしてコーディネートしてきたと
おっしゃっていた誠さんです。

いきなりのギターマンの純情でにこやかに幕開け。
そしていつもの僕の大事な部屋でランプをぱちりと点けます。
次のDance!、すごく色っぽかったなぁ。

そしてそして、、、、悲しい笑顔。
大好きな曲です。悲しい切ない歌詞なんですけどね。
かつての品川教会の時に聴いたそれがとても素敵で
なんだか胸につかえていた沢山のことがあふれ出して
誠さんの声とギターに慰められる気がすごくしたのです。

今宵もまた、そんな気持ちにさせられました。
その後に聴いたWaltz In Blueにまた癒され。
優しい優しい歌ですね。

そして男っぽい色気の漂う前奏で始まった
BE MY BE MY BE MYは、間奏がボサノバ調に。
このアレンジ、素敵だったなー。

途中のMCでは、NAMMショーの話など。
別に奇跡なんかじゃないからを演奏された時、
言葉は通じずとも、歌わんとすることが通じたのか
しんと聴き入って下さったのだとか。
そんな事もあれば、
翌日のライブはまた大変だったんですけどー
なんておっしゃってましたが、
とっても充実のご滞在だったようですね。^^

お次の曲は誠さん直訳「オヤジと呼んでくれ」
この曲を歌う時ってちょっとお茶目な感じになる誠さんが好きです。^^
前回同様、カポをシャキーン!装ー着ーー!ってやってました(笑)。
バースデーでは当日お誕生日のお客さんがお祝いされてました。
誠さんてば、その方に年齢を聞いて、
年上かと思ってた!と何故か急に怒ってました(笑)。
1stの最後は天気雨。なかなか「愛してる」って歌わず
「あーい・・・あーい・・・あーい・・・」
友達は「(レコードの)針がとんでる」と言ってました。^^;

予告どおりぴっちり10分の休憩をはさんで2ndセット。
あ、ギターが1本増えてる!って思ったら
1曲目はYour Timeでした。大好きな曲です。嬉しい。^^
この曲の時はギターのチューニングが違うのですよね確か。
独特の音色で、幻想的だったりキラキラと綺麗だったり。
続けてChange It。これもすごく幻想的な曲調で好きな曲。
その次は「悲しみが遠くなってった」やはり特別な気持ちになります。

そしてここで、このツアーの唯一のツアーメンバー?
水色のニクいやつ、打楽器担当メトロノームが登場!
しかもすごいよ、ピックアップつけてグレードアップしたよ!(笑)

メトロノームにあわせて歌い始めた誠さんに
観客はお気楽に手拍子していたら、さすがやぎ座のA型さん。
「みんな手拍子やめてくれる!?」とテンパってました(笑)。
やーいやーい(笑)。
次回はもっとテンポを早くしよっとっておっしゃってましたね(笑)。
途中、ギターの音をちっちゃくしてメトロノームソロか?と
思わせる瞬間もあったり、なかなか楽しいDelicateでした。^^

ここから怒涛の盛り上がり。
宇宙から来た石では途中にLove The One You're Withが入ったり
THE DOCTORではThe WhoのPinball Wizardが入ってすごくかっこよかった!!
そしてたたみかけるように、Don'T Give It Upへ。
もちろんエアドラムソロありです(笑)。
今日はえらくエアハイハットを
ズチー!ズチー!としつこく叩いてましたね(笑)。

そして本編ラストは「別に奇跡なんかじゃないから」
やはりじっと歌詞を聴いて色んな思いが巡ります。

アンコールはMelissaから。
少しお久しぶりですね。やっぱりいいなぁ、誠さんの歌うMelissa。
そして、お客さんの中にララルが聴きたくてどうしようもない
お方がいるらしく、その方と誠さんの攻防がすごく可笑しくて
結局誠さんが根負けして一瞬だけララルを歌ってくださいました。

そして「横浜」と「リアル ミー」で今宵のステージは終わり。

エンディングの1発目BGMはLove The One You're Withでした。

さてさて、ツアーTシャツがお披露目されました。
すごくカッコいいデザインで、背中にはツアー地が書かれてます。

で。

ツアー地の横にちっちゃいマス目がついてて
そこに誠さんがチェックしてくれるんですってよ!!

早速買って、梅島の分も一緒にチェックしてもらいましたってば。

さて、何ヶ所チェックがつくのやらでございます。ほほ。^^

(02:06)

2009年02月14日

<SET LIST>
僕の大事な部屋
天気雨
バースデー
音楽友達
ゆるして
悲しみが遠くなってった
FLY TO THE CLOUD
別に奇跡なんかじゃないから
言葉にしたら
Dance!
Holding On
いつの間にやら
Delicate
CALL ME DADDY
Don't Give It Up
ギターマンの純情
TO MY OLD FRIENDS

<encore>
I Love Her, She Loves Me(NRBQ)
風を抱いて走れ
Dirty Thirty Man

梅島のYukotopia、
私はいつぞや山弦のライブで来た以来です。
駅前の古いビルの1階の入り口を入ると
外の喧騒とは無縁な
独特の温かい空気にどっしりと包まれている場所。
100人入れるか?って感じの広さ。

ライブまでのBGMはやっぱり誠さんの選曲なのかな?
私の大好きな曲、Todd RundgrenのCan We Still Be Friends
なんかがかかったりして、ワクワク。

やがて、少し照明が落ちて
James TaylorのValentine's Day
のしっとりした曲と共に誠さんのご登場。
(この間合いがなんだかとっても素敵だった!)

ライトブルーのフリースに細かいストライプの帽子。
ステージに上がられて、フリースを脱いで
グリーンのTシャツ姿。

1曲目の途中で、側にあるランプを点けてニッコリ。

ご自分のツアーでもっとも本数の多いツアーが始まっちゃいました!
みたいなことをおっしゃっていた気がします。

印象的だったのは、
シングルのB面でアルバムには収録されてないものや、
収録されていても違うバージョンで入ったりとか
そういう曲を埋もれさせずにやりたいとおっしゃって
ここ最近何回か歌われている「言葉にしたら」や

WOMENの1曲目は本当はこれにしたかったの!(鼻息)
とおっしゃっていた
FLY TO THE CLOUDがとっても印象的でした。
それと繋げて歌った「別に奇跡なんかじゃないから」
の流れも、とってもグッとくるものがありました。

グッとさせられたかと思えば、
スペシャルゲスト(!)の打楽器担当(!!)
メトロノームに「オマエはグルーブが足りない」と
ひとりごちながらのDelicateで盛り上がったり。^^

あと可笑しかったのが
CALL ME DADDYで途中で転調するところで
歌を伸ばして~伸ばして~
歌を伸ばしたまま側にあるカポを手にとって
更に伸ばしたまま何フレットだっけ?と確認して
シャキーーーーン!と勢いよくカポをはめて
転調して歌いだした誠さん。可愛い(笑)。

お次のDon't Give It Upのドラムソロは
もうお一人の時はこれをやらずにおれるか!という
既にいつもの感じですが、次の曲の
ギターマンの純情で最初のドラムまでも再現されてました(笑)。

アンコールの1曲目は誠さんの大好きなNRBQの曲。
このツアーでは色んなカバーもやりたいとおっしゃってました。
どんな曲を選ばれるのか、とっても楽しみ。^^

ツアーTシャツは、何とまだ未完成!
梅島会場の空気が、一瞬どんより萎れましたが(笑)、
なんだか凝りに凝っちゃって、間に合わなかったのだとか。
Thumbs Upからの発売になるそうです。
会場では発売が間に合わなかったからと
その詳細を教えて頂きましたが、
なんだかとっても楽しいじゃないの!!と言いたくなる内容でした。
Tシャツなのに楽しくなるって??って感じでしょうが、
これはやっぱりネタバレせず当日までのお楽しみに!!

ライブ後のBGM1曲目は
NRBQのI Love Her, She Loves Meでした。^^

ライブ後は関所なんかも設けられちゃっておりまして
買ったCDやTシャツにサインして下さるようですよ。^^
話しかけるファンの方一人一人とにこやかに
お話される誠さんを遠巻きに観察させていただきました。(笑)

(00:00)