斎藤 誠

2010年07月10日

ce05d896.jpg

MARTIN CLUB JAPAN presents
MARTIN GUITAR SHOW & CONCERT
Rebirth Tour 2010 ~きらめきの街へ~ at 福島 Out Line
 ( The 53rd Live )

日中は快晴 & 灼熱の福島。
夕方になる頃には涼しい風が心地よく吹き気持ちのいい時間。

会場となるOut Lineは70~80人ぐらいでいっぱいになりそうな
こじんまりとしたライブハウス。今回はいわきから来た友達と
ももたろうさん側の席が空いていたので座ってみました。^^

いつもの通り福岡さんのMCからスタート。
途中で斎藤誠さんを呼び入れます。
誠さんは福岡さんに「お前太っただろ!」とか、
早速手厳しいツッコミを入れています。
だいたいMCのダメだしとか、
いつもお小言を言っている気がします(笑)。

前日の福島でのラジオ出演で、
ファンの方から50回目のリバースツアーライブおめでとうございます!
というメッセージがあり、誠さんはそれに対しありがとうございますーって
答えていらしたそうなのだけど
その後、気になった福岡さんが根性で数えたら
53回目だったそうです(笑)。
いっそ今度からチケットのライブタイトル横に
通し番号を入れたらいいかもしれません(笑)。

そう、このステキなシリーズが、
なんともう53回も行われているんですね!
沢山のHappyな時間が積み重なっているリバースツアーです。

そんなツアーの記念すべき初回は2004年6月12日、秋田でのライブ。
そしてその時のゲストが
今回のツアーのゲストでもある丸山ももたろうさん!

今回のチケットに載っている写真は
その第一回目の時のものだそうです。

このツアーのOpening Tuneでもある「きらめきの街へ」を
誠さんが歌ったあと(何度聴いてもワクワクします。^^)
ゲストの丸山ももたろうさんを迎え入れます。

ももたろうさんのギターは、1974年製のMartin D-28。

「買った時はトリプルオーやと思ってたのに、
        何時の間にかDになっとった(笑)。」

とおっしゃってました(笑)。なんででしょうねー(笑)。
年月を経て色んなものが染み込んでるらしい(笑)、
つやつやの味わいのあるギターです。
このギターとのステキな出会いのエピソードは、
丸山ももたろうさんのHPの「Guitar's Room」に載ってます。

You've Got A Friend(斎藤誠・丸山ももたろう)

誠さんが最近感動したJames Taylor と Carol Kingのライブから
二人での1曲目。2つのやさしいギターの音が重なります。
誠さんがメインでボーカルをとり、ももたろうさんも
サビのコーラス部分を参加。

初回のチケットのような握手を二人でして、
丸山ももたろうさんのステージへ。
(誠さんが右手に持ったピックを口に咥えて、手を差し出して握手!)



【丸山ももたろうさんステージ】
福島でのライブは初めてというももたろうさん。
普段はアーティストのサポートミュージシャンとして活動しつつ
自分の活動も・・となると年に自分のライブができる本数も
限られる・・という話をしていたら、おそらくファンであろう方から
「今日は岸田(敏志)さんはいらしてないんですかー?」との質問。
(ももたろうさんは岸田敏志さんのサポートもされています。)

「うん、今日は来てないんです・・・って、
 ギター弾きたいからちょっと歌いに来て♪っていう
 ミュージシャンがどこにおるねん!どんだけ自己中やねん!」

と、素晴らしいノリツッコミ(笑)。
ファンの方も質問というよりネタ振りだったのかってぐらいのテンポ(笑)。
こんな感じで、ポンポンと小気味良くボケたり
つっこむ客席の反応を拾ったりで
ステージと観客の距離がぐっと縮むような感覚。
「初めて来たのに、やりやすいわ~(笑)」とおっしゃってました(笑)。
私もついついつっこみをつぶやいて拾っていただいたり(笑)。

・帰り道
・卒業
・はじめてのおつかい
・月にとどくまで
・ほんまやで
・夢の中でも

ももたろうさんの音楽はインスト。
ギャロッピングとおっしゃっていたでしょうか
ベース音を入れながらメロディーとコードを弾く
チェット・アトキンスの奏法で演奏されます。
 
アップテンポな曲としっとりした曲を交互に演奏する感じで
曲ごとにチューニングを変えつつ、チューニングも曲数に入れつつ(笑)
進行していきます。(レギュラーチューニングは誠さんとの曲だけでした)

20歳になる息子さんがまだ小さい頃、
初めてコンビニに一人でおつかいに行かせた時のことを曲にした
「はじめてのおつかい」や、
(某TV番組採用を目論んだそうですが叶わず(笑))
お母様のことを想って作った「月にとどくまで」などなど
どの曲の世界も綺麗で優しくて、
聴いていると心がじんと温かくなる時間でした。


そしてOut Lineの音がめちゃくちゃ素晴らしかった!
PAはおなじみの、凄腕ハルちゃん。
爪弾く一音一音がとてもクリアに届いて聴き入ってしまいました。

客入れのBGMにも使っていたももたろうさんのCD、
今日は15枚ほどしか持って来てないんですけど、と・・・
ももたろうさんなんと消極的な(笑)。
ちょっとざわつく客席でした(笑)。


【斎藤誠さんステージ】
・天気雨(with LX Jimmy Buffett)
・バースデー
・Presence Of The Lord (Blind Faith)
・DANCE
・Lovely Day (Bill Withers)
・Don't Give It Up
~Change The World~
~Roll Over Bethoven~
~I Shot Sheriff~

選手交代、誠さんのステージです。
1曲目はギターショウにも展示してあったLittle Martinの
2010年限定モデルJimmy Buffettで「天気雨」。
Martinの誠さんライブの楽しみの一つが
いつも弾いているギターとは違うギターで演奏されること。
あと、そのギターの良さとか可愛さとかをギターが弾けない私でも
「楽しそうだな~弾いてみたいな~」と感じてしまう
話をされること。

実はギターショウでこのLXシリーズを
誠さんがジャカジャカやってらっしゃるところに行ってしまい、
明子のように入り口でこっそり後ろ姿を観察してしまいました。^^;
(結局、畏れ多くてそのまま退散(笑))


小ぶりなギターで弾く天気雨は一段と明るく可愛い感じに。^^
煮え切らない男の歌詞もいささかキュートに聞こえてくるから不思議。

お次はバースデー!7月生まれの方、たくさんいらっしゃいましたね!
確かももたろうさんも。おめでとうございます。^^

そして同じAmaj7で・・・と続いたのはPresence Of The Lord!
どこまでも伸びる誠さんの歌声と男くさい感じのギターが好きです。
その次は、色っぽいギターソロから始まったDANCE!
途中のスキャットがどこまでも自由でかっこよかったなぁ^^

そして、「Bill Withersの・・・」と始めたのはLovely Day !!
南條SOUL BANDの時とは違う、アコギ1本での誠さん。
この曲の歌詞の明るい感じとちょっと憂いを帯びた誠さんの歌声と
なんとも言えない感じで好きなんです。
後半は、観客も♪Lovely day, lovely day....と一緒に歌って
誠さんがそこにボーカルを重ねて、それがまた楽しく。^^

誠さんステージラストはDon't Give It Up ! これでもかってぐらい
てんこ盛りに脱線してカバー曲を盛り込んでいきます。
曲それぞれ違ったトーンのギターの音色が楽しめて大盛り上がり!
散々弾いた後、誠さんてば「・・・飽きた(笑)?」って(笑)
そしてとどめのエアドラムソロは、今回もツーバスでした(笑)


【アンコール(斎藤誠・丸山ももたろう)】
・Proud Mary (CCR)
・Desperado (Eagles)

アンコールです。うっすらAmを鳴らしながら
「天国の階段です!」と言ってティロリロ始めようとした時は
一瞬「おお、やるんだ!」とか信じてしまった私(笑)。
なんかくやしい(笑)。

CCRのProud Maryはボーカルを誠さんがとってらっしゃいましたが
おっかけて♪Rollin' Rollin' と歌うところはももたろうさんも参加
最終的には、誠さんパートとももたろうさんパートを観客に
自由に選ばせて歌わせたのですが、
ももたろうさんパートの方が多い!と何故か嫉妬する誠さん(笑)


大爆笑続きなライブのラストは、Eaglesの名曲。
ももたろうさんがアルバムでも弾かれているのですが
誠さんが、それがあまりにも素敵なので
先にももたろうさんのインストをフルで、
次に誠さんの歌バージョンをフルでと提案。とっても豪華なことに。

ももたろうさんの優しく温かみのある音色にうっとりした後
誠さんの歌声とももたろうさんの伴奏。
一音も逃すまいとしんと聴き入る会場でした。

ほんとにほんとに素晴らしかった。^^


ライブ後にもたもたとアンケートを書いていたら
なんと、ももたろうさんのCDは案の定売り切れ。^^;
コースターにももたろうさんからサインをいただく。
楽しかったですー!と言ったら
「あ、向かいに座ってた人?ボケを拾ってくれてありがとうね。^^」
と言われてしまいました(笑)。
誠さんにもサインをいただき、
誠さんには感想を何も言えずも手だけはしっかりニギニギして退散(笑)。



(20:24)

2010年06月23日


キラキラと輝く色んな宝物の詰まった箱を
そっと覗き見ているような
そんな気持ちになった昨夜のライブ。

1組目のいとこユニットの女の子の
Time After Timeを歌う歌声からホロリときてしまいました。

どのグループもスタイルにオリジナリティがあり
カバー曲しかり、オリジナル曲しかり
歌声も、音も、みんなほんとに素敵でした。

あまりにもステージ上での自然さっぷりにびっくりしていたら
ドブロ1本でスライド奏法と渋いブルースを歌い上げていた女の子は
お母さんがロリー・ギャラガーが好きでコンサートに行っていたとか、
(しかもそのコンサートに誠さんも行っていた!という事が判明したらしい。)
たーぼー君の従兄弟コンビはお父さん達がギター好きでユニット組んでたとか、
小さい頃から音楽がそばにあって、楽器に触れる機会が自然にあって
そんな感じの子が多いみたい。

実際、親が音楽好きでなくても、
今は音楽に触れられる機会や手段、そして豊富な資料が
自分のそれと比べても格段に増えているから
きっとこれからどんどんこんな子たちの層が厚くなっていくんだろうなー。

誠さんがステージで
「俺が20歳のころって、どうしてたろー」
って思うのと同じく、私もちょっと思い返してみたけど
笑っちゃうぐらいに今の彼らと私のそれとは全然違うことは確か(笑)。
でもまあ、そんな私も私なりに音楽に触れて
音楽がもたらすこんなに素敵な世界を存分に楽しんでいる。
色とりどりのステージに耳を傾けながら
そんなことをとりとめもなく考えていました。

たーぼーくんの演奏は本当に綺麗な綺麗な音でした。
誠さんが「やっぱりそのギター返してもらおうかな。」というのも頷ける(笑)。
ちょっとアグレッシブなキャラクターの彼の従兄弟と対象的な感じで
淡々と、クリアな音を紡いだり、渋いアドリブ入れたり、
そのバランスが絶妙で聴き入ってしまいました。

途中、シールドの接触の関係か音が小さくなってしまい
最初は「あれ?」って様子を見せていたけれど、
慌てず動じず差込部分を確認しようと手を伸ばすたーぼーくんに
私の背後のPAの人が「そうそう!そこだ!」と
ちっさな声援を送っているのが聴こえて、微笑ましかった(笑)。

終演後、たーぼーくんに
「緊張してるそぶりもなく堂々としてたねー。」と話したら
即座に「あ、緊張は全然しないです。^^」と返ってきて
自分と同じ感覚レベルで話してすんまそんと思った次第(笑)。


そして誠さんのステージ。

1曲目、「今僕を泣かせて」で誠さん一人から静かに始まり
ふーみんが、コーラス→ギターと歌声と音を徐々に重ねていく。
そんな静かでキュっとするスタート。
「天気雨」「Love」と続き、
カバーも3曲ほどやってSuperstitionがかっこよかった!
Don't Give It Up ではどんどんすごいことに(笑)。
ドS斎藤が現れて、ふーみんに「かみ合ってない!」だの絡みつつ
ソロ回し。かっこよかった~。^^

最後のセッションでは「まずはGから!」とみんなでジャカジャカ鳴らして
Have You Ever Loved A Woman?とI Shall Be Releasedを。
そして途中でソロを回していきます。
それぞれの熱演をニコニコと楽しそうに見守る誠さん。
でもふーみんにふった途端、容赦ないシゴキの鬼と化していた誠さん(笑)。

こういう時の悪~い感じの誠さん、すごい好きです(笑)。

気づけば22時を回ろうかという時間。
なーんてHappyな時間だったんだろう!
色々な刺激をたくさん受けて道玄坂をあとにしました。


(17:44)

2009年02月22日

<1st Set>
ギターマンの純情
僕の大事な部屋
Dance!
悲しい笑顔
Waltz In Blue
BE MY BE MY BE MY
CALL ME DADDY
バースデー
天気雨

<2nd Set>
Your Time
Change It
悲しみが遠くなってった
Delicate
宇宙から来た石
THE DOCTOR
Don't Give It Up
別に奇跡なんかじゃないから

<encore>
Melissa
ララル(一瞬だけ(笑))
横浜
<encore2>
リアル ミー


サムズアップです!
何気に誠さんのサムズライブを見るのは初めてなんです。
ここで聴くライブには楽しい想い出がいっぱい。
だから大好きなお店です。

きっちり18時に開始。
客席を通って誠さん登場です。
フォークロアっぽいステッチの入ったグレーのパーカーに
ベージュの帽子。パーカーの下はカーキのTシャツ。
お店をイメージしてコーディネートしてきたと
おっしゃっていた誠さんです。

いきなりのギターマンの純情でにこやかに幕開け。
そしていつもの僕の大事な部屋でランプをぱちりと点けます。
次のDance!、すごく色っぽかったなぁ。

そしてそして、、、、悲しい笑顔。
大好きな曲です。悲しい切ない歌詞なんですけどね。
かつての品川教会の時に聴いたそれがとても素敵で
なんだか胸につかえていた沢山のことがあふれ出して
誠さんの声とギターに慰められる気がすごくしたのです。

今宵もまた、そんな気持ちにさせられました。
その後に聴いたWaltz In Blueにまた癒され。
優しい優しい歌ですね。

そして男っぽい色気の漂う前奏で始まった
BE MY BE MY BE MYは、間奏がボサノバ調に。
このアレンジ、素敵だったなー。

途中のMCでは、NAMMショーの話など。
別に奇跡なんかじゃないからを演奏された時、
言葉は通じずとも、歌わんとすることが通じたのか
しんと聴き入って下さったのだとか。
そんな事もあれば、
翌日のライブはまた大変だったんですけどー
なんておっしゃってましたが、
とっても充実のご滞在だったようですね。^^

お次の曲は誠さん直訳「オヤジと呼んでくれ」
この曲を歌う時ってちょっとお茶目な感じになる誠さんが好きです。^^
前回同様、カポをシャキーン!装ー着ーー!ってやってました(笑)。
バースデーでは当日お誕生日のお客さんがお祝いされてました。
誠さんてば、その方に年齢を聞いて、
年上かと思ってた!と何故か急に怒ってました(笑)。
1stの最後は天気雨。なかなか「愛してる」って歌わず
「あーい・・・あーい・・・あーい・・・」
友達は「(レコードの)針がとんでる」と言ってました。^^;

予告どおりぴっちり10分の休憩をはさんで2ndセット。
あ、ギターが1本増えてる!って思ったら
1曲目はYour Timeでした。大好きな曲です。嬉しい。^^
この曲の時はギターのチューニングが違うのですよね確か。
独特の音色で、幻想的だったりキラキラと綺麗だったり。
続けてChange It。これもすごく幻想的な曲調で好きな曲。
その次は「悲しみが遠くなってった」やはり特別な気持ちになります。

そしてここで、このツアーの唯一のツアーメンバー?
水色のニクいやつ、打楽器担当メトロノームが登場!
しかもすごいよ、ピックアップつけてグレードアップしたよ!(笑)

メトロノームにあわせて歌い始めた誠さんに
観客はお気楽に手拍子していたら、さすがやぎ座のA型さん。
「みんな手拍子やめてくれる!?」とテンパってました(笑)。
やーいやーい(笑)。
次回はもっとテンポを早くしよっとっておっしゃってましたね(笑)。
途中、ギターの音をちっちゃくしてメトロノームソロか?と
思わせる瞬間もあったり、なかなか楽しいDelicateでした。^^

ここから怒涛の盛り上がり。
宇宙から来た石では途中にLove The One You're Withが入ったり
THE DOCTORではThe WhoのPinball Wizardが入ってすごくかっこよかった!!
そしてたたみかけるように、Don'T Give It Upへ。
もちろんエアドラムソロありです(笑)。
今日はえらくエアハイハットを
ズチー!ズチー!としつこく叩いてましたね(笑)。

そして本編ラストは「別に奇跡なんかじゃないから」
やはりじっと歌詞を聴いて色んな思いが巡ります。

アンコールはMelissaから。
少しお久しぶりですね。やっぱりいいなぁ、誠さんの歌うMelissa。
そして、お客さんの中にララルが聴きたくてどうしようもない
お方がいるらしく、その方と誠さんの攻防がすごく可笑しくて
結局誠さんが根負けして一瞬だけララルを歌ってくださいました。

そして「横浜」と「リアル ミー」で今宵のステージは終わり。

エンディングの1発目BGMはLove The One You're Withでした。

さてさて、ツアーTシャツがお披露目されました。
すごくカッコいいデザインで、背中にはツアー地が書かれてます。

で。

ツアー地の横にちっちゃいマス目がついてて
そこに誠さんがチェックしてくれるんですってよ!!

早速買って、梅島の分も一緒にチェックしてもらいましたってば。

さて、何ヶ所チェックがつくのやらでございます。ほほ。^^

(02:06)

2009年02月14日

<SET LIST>
僕の大事な部屋
天気雨
バースデー
音楽友達
ゆるして
悲しみが遠くなってった
FLY TO THE CLOUD
別に奇跡なんかじゃないから
言葉にしたら
Dance!
Holding On
いつの間にやら
Delicate
CALL ME DADDY
Don't Give It Up
ギターマンの純情
TO MY OLD FRIENDS

<encore>
I Love Her, She Loves Me(NRBQ)
風を抱いて走れ
Dirty Thirty Man

梅島のYukotopia、
私はいつぞや山弦のライブで来た以来です。
駅前の古いビルの1階の入り口を入ると
外の喧騒とは無縁な
独特の温かい空気にどっしりと包まれている場所。
100人入れるか?って感じの広さ。

ライブまでのBGMはやっぱり誠さんの選曲なのかな?
私の大好きな曲、Todd RundgrenのCan We Still Be Friends
なんかがかかったりして、ワクワク。

やがて、少し照明が落ちて
James TaylorのValentine's Day
のしっとりした曲と共に誠さんのご登場。
(この間合いがなんだかとっても素敵だった!)

ライトブルーのフリースに細かいストライプの帽子。
ステージに上がられて、フリースを脱いで
グリーンのTシャツ姿。

1曲目の途中で、側にあるランプを点けてニッコリ。

ご自分のツアーでもっとも本数の多いツアーが始まっちゃいました!
みたいなことをおっしゃっていた気がします。

印象的だったのは、
シングルのB面でアルバムには収録されてないものや、
収録されていても違うバージョンで入ったりとか
そういう曲を埋もれさせずにやりたいとおっしゃって
ここ最近何回か歌われている「言葉にしたら」や

WOMENの1曲目は本当はこれにしたかったの!(鼻息)
とおっしゃっていた
FLY TO THE CLOUDがとっても印象的でした。
それと繋げて歌った「別に奇跡なんかじゃないから」
の流れも、とってもグッとくるものがありました。

グッとさせられたかと思えば、
スペシャルゲスト(!)の打楽器担当(!!)
メトロノームに「オマエはグルーブが足りない」と
ひとりごちながらのDelicateで盛り上がったり。^^

あと可笑しかったのが
CALL ME DADDYで途中で転調するところで
歌を伸ばして~伸ばして~
歌を伸ばしたまま側にあるカポを手にとって
更に伸ばしたまま何フレットだっけ?と確認して
シャキーーーーン!と勢いよくカポをはめて
転調して歌いだした誠さん。可愛い(笑)。

お次のDon't Give It Upのドラムソロは
もうお一人の時はこれをやらずにおれるか!という
既にいつもの感じですが、次の曲の
ギターマンの純情で最初のドラムまでも再現されてました(笑)。

アンコールの1曲目は誠さんの大好きなNRBQの曲。
このツアーでは色んなカバーもやりたいとおっしゃってました。
どんな曲を選ばれるのか、とっても楽しみ。^^

ツアーTシャツは、何とまだ未完成!
梅島会場の空気が、一瞬どんより萎れましたが(笑)、
なんだか凝りに凝っちゃって、間に合わなかったのだとか。
Thumbs Upからの発売になるそうです。
会場では発売が間に合わなかったからと
その詳細を教えて頂きましたが、
なんだかとっても楽しいじゃないの!!と言いたくなる内容でした。
Tシャツなのに楽しくなるって??って感じでしょうが、
これはやっぱりネタバレせず当日までのお楽しみに!!

ライブ後のBGM1曲目は
NRBQのI Love Her, She Loves Meでした。^^

ライブ後は関所なんかも設けられちゃっておりまして
買ったCDやTシャツにサインして下さるようですよ。^^
話しかけるファンの方一人一人とにこやかに
お話される誠さんを遠巻きに観察させていただきました。(笑)

(00:00)

2006年08月30日

7d79d7b7.jpg


斎藤誠JIROKICHIマンスリー Vol.2
~ 斎藤誠 with the bond ~


斎藤誠 Vo,G

<the bond>
角田俊介 B, 片山敦夫 Key, 柳沢二三男 G, 河村カースケ智康 Dr


1. Let It Rain
2. I LIKE YOU
3. I sing my SONG FOR YOU
4. PARIS STYLE
5. DOWN DOWN DOWN
6. Funky Miracle ( the bond )
7. Funky Limit ( the bond )
8. SO COLD, THAT WOMAN

1. Real Goodin' ( the bond )
2. 行き場がない
3. 黄色いダイアモンド
4. オレはディレクター
5. PLEASE!
6. アメリカよいよい

encore 1
en1-1. One In Seven ( the bond )
en1-2. Whipping Post

encore 2
en2-1. 今僕を泣かせて
em2-2. ノー・ノー・ボーイ

(19:30)