セッションライブ関連

2007年06月17日

あひる1号-山田勳生(AGuit,Vo)
あひる2号-楯 直樹(アメリカンフルート Vo)
あひる3号-春名正治(Sax)
あひる4号-コスマスカピッツア(Per)(アホウドリという噂も・・・(笑))

祖師ヶ谷大蔵にあるとっても素敵なCafe、
MURIWUIにてのライブ。

ほの暗いスペースは、温かみがあって
外の空気が気持ちよく流れてくる心地よい空間。
ステージ左からあひる4号さんのパーカッション。
あひる2号さん、1号さん、そして3号さんのスペース。

あひる3号こと春名さんがいらしたのでご挨拶。
「ええ感じに音が響くんよ。^^」と、おっしゃっていたので
ますます期待は高まります。

名物の美味しいハンバーガーを頬張り、
腹ごしらえがちょうど終わる頃にライブ開始。

Crystal Voyage
とっても幻想的なアメリカンフルートの音色。
船に乗って波に揺られながらあてどなく進んでいくような
そんなイメージがあります。

Idiot の春
春さんがIdiotなワケではありません(笑)。
あひる倶楽部のお二人がそれぞれ旅をして帰って来られ、
まだ旅の余韻が残っている時に生まれた曲だそうです。
カリンバの音色と後半の力強いお二人のボーカルが印象的。^^

このライブハウスは4号(アホウドリ)のコスマスさんの紹介だそうで、
コスマスさんはこのお店が出来た当初からよくご存知なのだそうです。
その辺の壁の釘とかを、グルーブのいいトンカチで打ったとかそうでないとか(笑)。


タンポポなどの種が空に広がっていく様をイメージして
生まれた曲だそうです。どこまでも広がる真っ青な空に
解放されていくようなそんな心地になります。
ちなみにこの楽譜には「タリラリランタンタン」と
1号さんによる覚え書きがされていた模様。
「これ、なに??」と、MCついでに春名さんがおっしゃってました。
冒頭のギターのフレーズだそうです(笑)。

カチーナと風
(カチーナ=ネイティブアメリカンの精霊)
あひる倶楽部の曲は半分ボーカル、半分インストの様な曲が
いくつかあって、それがまた好きです。この曲もそのひとつ。
歌によるイメージをそのまま音に乗せていくような感じで進み、
曲というひとつの「物語」の中に入り込んでいく感じがするのです。
この曲はコスマスさんのパーカッションの音がとても
心地よく耳に入ってきました。足につけたアンクルビーズの音と
温かいパーカッションのリズムのうねりに
思わず身体を揺らしていました。^^

君とシエスタ
シエスタというと、
ゆったりとまどろむ情景をイメージをしはいけません。
この曲は、もっともっと、切なくて情熱的で狂おしい世界。
なんだかドキドキと胸が高鳴るような想いで聴いてしまいました。
1号さんのフラメンコギターの音が沁みます。

ここで、1st Stageの終了。
お店の人から投げ銭のザルが回ってきます。
「投げ銭」と聞いて、素振り練習してたのになぁ(こら)。

Ancient People
ボサノバのリズムにふわふわと気持ちよく身を委ねて聞いていました。

ウバと角砂糖
この曲の冒頭は、アメリカンフルートなのですが、
このアメリカンフルート、サックスのように完成された楽器とは違い
スケールを自分で作っていかなくてはいけないのだそうです。
シンプルな曲ほど難しいそうで。
だからこそあの独特の温かみのある音色が
生まれるのでしょうね。人肌を感じるような素敵な音色です。^^
そしてこのライブで唯一、春名さんはテナーを吹かれました。
大人の色気を帯びた春名さんの音色にドキドキ。

月は響くよ
このライブでもっとも印象的だった曲です。
あひる1・2号さんの仲間である
身体表現者の加藤淳(かとうあつし)さんとの共演。
http://www.lou.co.jp/aula/kato_atsushi.html
曲を即興の踊りで全身を使って表現するのですが
アメリカンフルートやソプラノサックスの音色が
そのまま彼の身体に宿っていくような、
指の先の先にまで魂が溢れ、しなやかで繊細な動き。
それは次第にリズムに乗って激しさを増し、
まさに渾身の踊り。そしてまた静寂の世界に戻っていく。
本当に素晴らしかったです。

カラングート
インドにあるビーチの名前だそうです。
西に向かって水平線が円く見えるほど広く見張らせるビーチで
その真ん中にゆっくりと夕陽が沈んでいくさまを曲にしたそうです。
優しく切ないギターの音色に涙がでそうな気持ちになりました。

赤とんぼ
馬に乗って草原を疾走しているようなリズム。
風を感じます。その草原には赤とんぼが飛んでいて、
いつしかその赤とんぼになって大空を飛んでいるような
そんな気持ちになる曲でした。ジョーズハープの音色が軽やかで
そこに伸び伸びとした春名さんのソプラノサックスが加わり
なんとも言えない開放感のあるアレンジに。^^

Spring Roll Love Parade
お客さん参加型の曲でございます。
今日は雨乞いの意味も込めて
(帰るまで降らんとっての意味も込めて(笑))
ピッチピッチチャップチャップランランラン♪の大合唱!
春名さんのフルートが素敵でした。^^

アンコールは、

In The Garden Of Eden
アメリカンフルートとソプラノサックスの綺麗な音色が
胸に迫ります。この夜の終わりに切なくも安らぐ1曲でした。

<なんとなく思い出したのでメモ>
・「着ぐるみ脱がなきゃ。」ザッツ、メタボリック。
・1・2・3号、それぞれ好きに話していて
 全く噛みあってないMC。


(18:30)

2007年06月16日

0dd7c6f5.jpg


梅雨入りしたはずの東京、快晴です!
今日は駒沢公園すぐ近くにある喫茶ニコというカフェにて
井上富雄さんとふーみんのライブ。

この喫茶ニコ、
なんとも言えない立地なのです。
何しろ鉄道の駅のどこからも遠い(笑)。
結局ウチから歩いて行きました。
サクサク歩いて30分!

カフェに着くと、ライブ目的でない一般のお客さんだけで
既に賑わっています。オープンエリアが気持ちよさそう。
少し先に着いていたchiy♪さんによれば、
リハの音がまる聴こえだったそうで(笑)。

ほどなくして、
あるようで無いような「開場時間」となり、
ライブ会場となる店内へ。

入るとすぐはドリンクをサーブするカウンターで、
その更に左奥に天井の高い部屋が。
部屋の右手にはテーブルやソファが並び
左手の公園に面した窓際は窓に向かって座るカウンター。
正面には小さな階段があって、その上が本日のステージ。
少し奥で、ふーみんが何やら作業を黙々と。
chiy♪さんとカウンター席に座ることに。
私は早速おビアを頼んでプハー♪ジョッキ
扇風機の風が気持ちよく、
ほのかに香る蚊取り線香・・・なんだかまったり♪

ほどなくして、富雄さんとふーみん入場。
ふーみんはご自分の席についたら即、裸足に(笑)。
久々の裸足の王子様♪ドキドキ大

店内を見回して
「なんだか友達んちに来たみたいだね。」と富雄さん。
時折、窓の外の公園から子供の声が聞こえたり、
木々が風にざわめく音が聞こえたり。とっても心地よい感じです。

本日の富雄さんは、ベースでなくてアコギ。
ふーみんも、アコギ。
あの買ってすぐさまマジックで「230」って書いちゃったアレです(笑)。

曲はオリジナルとカバーを織り交ぜ、10数曲ぐらい?
アルペジオで爪弾きながらだったり、
ガシガシとワイルドなストロークだったり。
ふーみんはスライドも披露。シャリーン♪と気持ちいい。^^
優しく気持ちよく響くギターに乗せる、富雄さんの優しい歌声。
富雄さんの熱いギターソロにふーみんが嬉しそうに応じたり。

夕陽がいい感じに傾いてきて、それを見ていた富雄さんが
「さっきから隣の公園でずっと逆上がりを練習している子供がいるんだよ(笑)」と(笑)。
どれどれ?と窓の外をみようとすると
「あんまり見ないであげて!」と気遣う富雄さん(笑)。
演奏中、気になっていたんでしょうね(笑)。

曲によってはふーみんメインボーカルも。2,3曲あったかな?
逆上がりの練習をしている子の方を向いて
「頑張れよー」と言って歌ってました(笑)。
常々、誠さんのライブでぴったり寄り添うようなコーラスを聴いて
いい声だなぁとうっとりしていたけれど、
メインをとるのを聴いたのは私は今回が初めて。
やっぱりいい声でした。
独特の、なんとも言えない滑らかに通る声です。
ライブ途中でおビアをご所望されておりました(笑)。
で、おビアが届いたら演奏中断(笑)。

更にゲストとして伊東ミキオさんが登場。
かつて富雄、二三男、ミキオで
O3(オースリー)というバンドを組んでいたそうで
突如の再結成!Keyのミキオさんはピアニカです。
マイクを通さなくても音が綺麗に通るのですね。
「うるさかったら言ってね。」と観客に(笑)。

ピアニカが加わって、また音に厚みが出ていい感じです。
ミキオさんは、たぶん当日リハのみのようで、
富雄さんとふーみんの演奏や動きに耳と目をフル活用させ、
音を紡ぎこんでいきます。カッコいい。^^

サクサクとライブは進み、
はて、このライブってワンステージ?とか思っていたら
富雄さんもどんだけやったらいいのか分かりかねていたようで、
「みんなもうお腹空いたでしょ?」とか
「世田谷区の条例で19時以降は・・・」とか(初耳じゃい(笑))

しまいに、
「では次の曲はアンコールです。」

ええー!(笑)
拍手もしてへんやんか(笑)。

そんな感じで、アンコールも終わり、
ここで予想外のダブルアンコール。

「天国の階段」

ギター弾きの定番ギャグですね。^^;
笑いを取った後は

「ギターでやるの初めてだよ・・・」と、
Cajun Moonでしめておられました。
富雄さんとふーみんのバンド、
cajunmoon bandの名前の由来は
この曲からきているそうですね。^^

今宵のライブで印象的だったのは
J.J.CaleのAfter Midnightと、
Bobby CharlesのSmall Town Talkが聴けたこと。
どちらもすごくカッコよかった。^^
やはりカバーって、その人の音楽への愛が
ストレートに感じられる気がして好きなんです。
音を生み出している人が好きな音。
演奏したいと思う音を知るのって楽しい。

ライブ後、おビアをもう1杯プハージョッキとして帰り支度。
ふーみんに「歌、素敵でした。」と言うと、
「言わないで・・・」「そっとしといて・・・」との事でした(笑)。

(22:21)

2007年03月28日

山本一sax (3月15日)
佐々木史郎tp (3月28日)
小林太tp (3月29日)
泰輝key, vo (3月4日)
星川薫g (3月14日)
池間史規b (3月28日))
倉内充dr (3月5日)

<3月生まれじゃないけど最初からいた人(笑)>
小田智昭(Per)
荒木健(Gt)

<乱入者>
霜田裕司(Tb)
鎌田一夫(T.Sax)
佐野聡(Tb, Key)
佐久間勲(Tp)

<1st Set>
( Happy Birthday )
Soulful Strut
Rattle Rap
FaFaFa ( Sad Song )
Make Me A Memory
The Blues Street

<2nd Set>
また逢う日まで~The Chicken
Dujii
For The Love Of You
Let The Music Take Your Mind
Why Can't We Be Friends ?
Mercy, Mercy, Mercy

(19:30)

2007年03月15日

山本一sax,fl 松谷麗王vo 高瀬 順key 坂本竜太b 河崎真澄dr

(19:30)

2007年03月14日

<春名Session>
春名正治sax,perc 浅野祥之g 角田俊介b 深町栄key 小倉泰治key
コスマス・カピッツァperc 河合洋dr

<天才あひる倶楽部>
山田勳生ag 楯直己native american flute,vo

(19:30)