音楽つれづれ

2005年03月06日

いろんな友達とCDの貸し借りやら音源の交換っこをする機会が多いです。

実は(っていうほど大袈裟な話でもないけど)そんなにCDを買わないので、
いただく音源にいろいろ刺激を受けています。^^
たぶん貸してもらわなかったら知らなかったであろう音との出会いはもちろん、
その人たちが「好きだな」と思った音ばかりなので、
おぉ、こういうのが好きなんだなってのが分かったり、
単体でしか聴いてなかった好きな曲をアルバムで聴くのって、また違うんだな、とか
そういうことを今更のごとくいちいち感じとっては楽しんでいます。

でも、一度気に入った音をみつけるとずーっとリピートで聴いてしまうので
なかなか前に進めなくなってしまうんだけど・・・(笑)。


話は変わって、
こないだある方とお話をしていて
「ずいぶん色んなライブに行っているけれど、楽しくなかったライブってある?」
と質問されました。

焼酎お湯割りでぽわんとしたアタマでざっと記憶をたどったんですけど
「無いですねぇ。」と答えました。いや、ほんとに無いので。
どれもけっこう楽しんでますよって言ったら、「どこかいい所を必ず見つけるんだね。」
というようなとっても好印象な感想を頂いたのですが、
私が7年間ほど(しかも小中高の多感な時期に)大阪に住んでいたことに話が及ぶと
「タダでは帰らないってやつか!」・・・おいこら(笑)。でもそうかも(笑)。


佐野聡さんのオフィシャルページのブログに、待望の記事がアップされはじめました。
過呼吸で倒れる寸前みたいなMCしたり、ことに毛量に関する自虐的ネタを披露したり
ユーモラスなキャラクターが先行してしまいがちなところがあるんですが、
佐野さん独特とも言えよう、丸みのあるトロンボーンの音や
歌心溢れるクロマチックハープの音色はとっても素晴らしく。
才能溢れる佐野さんですから常にひっぱりだこ。
キューバに行ってるんだ~なんて思っていたら北海道のライブにご出演!
なんて、そう長くは無い期間の間にそんな様子を知ることもしばしば。

そんな佐野さんがどんな文章を綴るんだろうって楽しみにしていたのです。
予想していた通りの真面目な一面も見せつつ、期待を裏切らない画像もアップ。
春佐野のライブで自らの携帯を客席に回覧してくれた
「アンパンマンの落書き画像」は必見(笑)。

・・・しかし、佐野家実家のちゃぶ台、いいなぁ。
そして、佐野さんの兄ちゃん、やっぱりちひろに似てるなあ(笑)。

(23:00)